毛髪力添えにも使えます

午前起きて顔色がすぐれないタイミング、二日酔いでむくんだり、瞳が腫れてしまった時に皆さんはいかなる力添えをしているでしょうか。

そういう窮地に、自身が全然前から実行している事があります。蒸し手拭い美法だ。

私の場合は、貧血で血色が酷いところ、蒸し手拭いで顔を温めた後に洗浄をすると、中心にあたって解消してメークアップ空気も良くなります。蒸し手拭いは濡れた手拭いを幅で適温に暖めるだけなので、お手軽で稼ぎも掛からないので、ちゃんと助かります。

また、毛髪力添えにも使えます。
油分や水気が不足してパサパサしてるタイミング、毛髪力添え用のオイルを髪に適量つけます。蒸し手拭いでタイミングを置いた後に洗顔をします。ベタ付きがある時はさらに洗顔を通じて、
リンスやトリートメントを。
髪の痛苦が厳しい時折、トリートメントをした後にも蒸し手拭いをすると浸透してしっとりになります。蒸し手拭いの前にラップを巻くのも効果的です。
その状態で湯船に浸かるという一層トリートメントが髪オールにいきわたり、影響を高めてくれる。

普通に洗顔したり、洗顔、リンスをするよりもちょっとだけ労力は掛かりますが、今まで影響がなかった事は殆どないような気がします。
とにかく顔の場合、午前起きて自分の顔を見てショックを受けた通り外出するよりも最初労力頑張って出かけたほうが、機嫌良くいられるかもしれません。
また、特別なお日様にもおすすめです。

肩凝りによる血行不良の場合も、可愛らしく美室で首の後ろに蒸し手拭いを当ててもらって、すごいホッとする方も多いと思いますが、自宅でもおすすめです。
蒸し手拭いを首の後ろに当てて、首を後ろに傾けた状態で暫く手拭いを挟み込む様にすると、徐々に血行が良くなり、顔色も良くなり、メークアップの空気も違ってきます。
タイミングがあれば、その後にマッサージやしかたを圧すこともオススメです。副作用の少ない抗生物質

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です