小鼻の周囲が粉をふくような感じ

私の肌質はごくごく普通皮膚。コスメ屋氏では脂性皮膚といった乾燥肌のブレンド。と言われますが、目立った支障を体験することはありませんでした。

去年冬季、小鼻の周囲が粉をふくような感じで、よく見ると皮がむけて掛かるような状態になってしまいました。とりわけスキンケア商品を変えたわけではなかったのですが、夏に癒を安めなオイルクレンジングに変え、ただただ使っていたことに気が付きました。

オイルクレンジングは化粧の落ちは良いのだが、すっぱりしすぎてしまうことがあると聞いたことがあったので、こういうちっともする癒を脂分の分泌が少なくなる冬季まで用い続けた結果、乾きがひどくなってしまったのだと思いました。

そこで、FACEBOOKで見かけた、ニベアで面持のパックをする。というテクニックをチャレンジしてみることにしました。

お風呂の中で、癒、シャンプー後にニベアを面持本編が白く上るほど大量に塗り、ありのまま風呂につかり湯気で面持を温めます。5分け前~10分け前ぐらいありのまま湯船でゆっくりして、のちティッシュでやさしく取り去ります。

全然大量に塗っているため、全部をきれいに拭き取るのは困難ので、イチャイチャ気分が心境良い規模に拭き取り、空間は面持や首の方に伸ばしてしまえば大丈夫です。その後は普通に化粧水を押し付け(少数はじきます)乳液、ビューティー液などは置きませんでした。

あした、昼前起きたら当然小鼻の粉吹きは消え去り、全体的にモチモチとした皮膚触りになっていたのにおどろきました。後ほど調べてみたら乾きによるシワ回答にも有効とのことだったので、それからは目じり、ほうれい線のところにはもっと入念に厚くニベアを乗せていらっしゃる。

シワに影響があったかどうかはちょい微妙ですが、乾きには影響があり、付けるものがニベアなのでコスパが抜群に良いです。フルアクレフ

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です